自己紹介


氏名(管理人):南 茂行

生年月日: 五十代へ突入(完全体を目指す)
出身地: 新潟県新潟市東区

 

私は昔、普通に結婚して子供もできて普通に生活していく。これが理想と思っていたが実際にはそうはならなかった。離婚も経験した。仕事の運も悪かった。しかし一人になって、出来ることが増えた。

 

悪いことがあった分、なぜか武道関係の運は非常によかった。

いろんな人との出会い。普段の生活をしていたら、到底会うこともできない人達。郷土史家、古文書研究家、教育委員会の先生、武道の御偉い先生方、豪農大庄屋の方、図書館館長、その他もろもろ。

 

さらには一般人では見ることもできない資料、史料。各図書館、各資料館、個人宅、寺宝…。何人もの人を介しての史料等の閲覧、拝見、さらには写真撮影、コピーまで。そして、史料等の入手。

これらを大事にして残していきたい。火災、災害等で失われてもいいようにしておかないといけない。

 

 K流柔術を後世に残して欲しいという想い、新潟県の武術史料を散逸させないで欲しいという想い

こんな想いを使命と思い、がんばっていく所存であります。

特に師匠よりK流柔術を託された後の真夜中の不思議な訪問者の来訪2回。

残してくれ、任せたぞという訪問者(過去の伝承者?)の想いを感じ取る。


好きなこと:

地元の武術調査(下越を中心に調査しております。上越は新潟市からだと遠いため、なかなか調査にいけないのが現状です。)

、史跡めぐり、神社仏閣めぐり、城館跡めぐり(城山登山)、武術鍛錬

 

昔は一人でいろんな演武会、試合等、新潟はもちろん東京や海外(アメリカ、北朝鮮)まで見に行きました。当時のその行動力には驚かされます。見るのは好きなのでまた行きたいとは思っています。

愛読書:

武芸流派大辞典、武術伝書、文武館出版物、地元の武芸新聞、郷土史、古文書解読辞典などなど

 

修業武術:

H流柔術三段、A流柔術、K流柔術継承、T流兵法指南免許、K流柔術初目録

他系のH流柔術を半年位、M流の打撃系を半年位。

 

講習会的には

西郷派大東流合気武術 数回(曽川和翁、進龍一氏主宰)

大和道(佐藤金兵衛、吉丸慶雪氏主宰)

ジークンドー(中村頼永氏主宰)

古流武術(平上信行氏主宰)

居合(田中普門氏主宰)

肥田式強健術(高木一行氏主宰)

サンボ、クレシュ、モンゴル相撲(ロシアにて)

グレイシー柔術(米国にてエリオグレイシー他兄弟)

極意 数回(高岡英夫氏主宰)

 

他にもあったと思ったが、とりあえず以上。

米国にてエリオ・グレイシーと
米国にてエリオ・グレイシーと

好きな言葉:

●世の中に弓鉄砲の無かりせば、わが兵法にだれが勝べし。

(宮本無二助藤原一真)

 

●そのうち

・そのうち お金がたまったら

 そのうち 家でも建てたら

 そのうち 子供から手が放れたら

 そのうち 仕事が落ち着いたら

 そのうち 時間のゆとりができたら

 そのうち そのうち そのうち …と

  できない理由をくりかえしているうちに

 結局は何もやらなかった

 空しい人生の幕がおりて

 頭の上にさびしい人生の墓標が立つ

 そのうち そのうち 日が暮れる

 いまきた この道 帰れない

(某新聞掲載)