武道は日本の伝統文化

Martial arts are traditional cultures of Japan.

私が伝承を託された奇跡の武術
私が伝承を託された奇跡の武術

武道は我が日本国の大切な伝統文化です。

何とか後世に伝えて残していきましょう。

 

このJimdoは海外から見にこられる方が

多いようなので日本の伝統文化を伝えるためにも

いろいろと紹介していきたいと思っています。

拳形
拳形

継承武術

我が継承武術は、本当に江戸期から続いてきたのか疑問に思っていた。この程、ネットではあるが江戸期の伝書を画像で確認することができた。やはり間違っていなかったと思った。

この拳形より突き、打ちが繰り出される当身の多い武術である。打ち込みの当身の時には床をダンッと踏み込んでの当身が有り、まさに震脚と同じである。

体当たりのような技があったりと私が思うに心意六合拳的なところもある。

最近はネットでも出るようになって何点か購入することができている。

 

新潟県の某美術館所蔵資料 五方構之極彩色図(現在 非公開)

ここの美術館は閉館してしまいました。今後、これと同じく宮本武蔵の肖像画もあったのだが、所蔵品がどうなるかは全くわかりません。播磨武蔵研究会では公開しているし、某氏も公開しているので、私も公開してもいいと思うのだが、、。

 

どうせ誰かの手に渡るのであれば今のうちに公開してもいいだろう、、とは思っていますが。

越後国の武術事情

我が越後の国には大小たくさんの藩があり、武士のみにならず農民にも武術が伝わっておりました。武術史料がまだたくさん眠っております。いまだに見せたくないと断られたところもあります。閉鎖的な地域もあります。ごく最近まで武術の継承者が存命でした。平成になって武術を伝えることもなく亡くなって絶流してしまったのを実際にこの目で何回か見たり、聞いたりしています。親から子へと代が変わり、武術史料の散逸も始まっております。コピー、写真等で残さないといけないです。郷土史の先生方も亡くなったりして郷土誌等に載った武術資料の出所も分からなくなっています。いろいろと事情もあり、公開できない資料もありますが、当方所蔵の史料はなるべく公開して、何かの一助にでもなれば幸いです。

 

越後以外でもそうかもしれないが、武術とは縁もゆかりもないところにも武術が伝わっていた。大庄屋、豪農家等、武術家の修行中の旅人を泊めてあげたりして、それで武術を教わっていたりしていたようだ。全部が全部そうとは言えないが、そういった箇所がいくつかあったことも事実。何事も調べてみなければわからない。

 

 

 

 

新潟県武術史料

ゴタゴタと播磨武蔵研究会

2月に我ら修行している道場の奥さんが急遽されました。道場が使えなくなり現在は道場の代わりとなる施設等探したりと、色々とゴタゴタが続いております。

 

更には播磨武蔵研究会、故鈴木幸治先生の宮本武蔵のHPがYahooのジオシティーズの終了のため、なくなると思われます。

3月末で終了するので時間がありません。(保存、印刷等するのであれば、お早めに)

 

お問い合わせのメールも頂いたのですが返信しても、なぜか返って来て送れなかったので、ここで書きます。

播磨武蔵研究会と言っても実際はどうも一人ですべての活動をしていたと思われます。協力者は私どものように多くいたようですが基本一人だったようです。

生前には直接には氏に聞かなかったのですが、我々の中では一人だろうと思っていました。越後に来る時も他へ研究のため行動する時も一人でしたからね。とにかく氏の圧倒的な知識力や歴史に関する情報量は凄いの一言。知識量がハンパじゃなかったからこそ批判内容も的確ですごかったですね。

私がちょっと情報を提供しただけで、その場所へ行ってなぜか原本を写真に収めてきたり、そのお宅へ訪問してきたり、○○文庫の資料等写真に収めてきたり、相手を納得させるだけの知識力のおかげだと思っていました。

 

私もここではまだ公開していない武蔵系伝書を頼んでもいないのに、氏が翻訳してくれて更には他の資料との比較研究資料としてまとめてくれて送っていただいたり、氏は五輪書を暗記しているので、ある場所でバラバラになっている五輪書を誰も頼んでもいないのに順番通りに並べてしまったりとか。

また、あるお宅でもご主人と一緒に資料を借りてコンビニのコピーに走り夜中の二時頃までかかったり、別なお宅でもコンビニでコピーし用紙がなくなって別なコンビニに走ったりとエピソードには付きません。

私が聞きたかったことに武芸流派大辞典の綿谷雪先生と交流していたということもあったのですが。

 

ただ残念なことは私にだけ言っていたのですが、もうすでに書き上がっている資料はあるが発表はしていないと。ご家族に聞いたのですが関心がなくわからないらしく、、。氏が亡くなられて我々は意気消沈しましたね。

晩年は黒田官兵衛の研究で忙しくされていました。もの凄いヘビースモーカーで心配していたのですが本当に残念でなりません。私が所持している資料を見せると、よく入手できましたねと大変驚いていたことが思い出されます。現在も、これ見たら驚いただろうなという資料の入手は続いており、氏の意見など聞きたかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

明けましておめでとうございます

昨年は鼠径ヘルニア(脱腸)があり、入院手術とありました。その後は安静、静養が必要だったのですが仕事上で力仕事があり、ちょっと無理をしたので後半は体調が悪く過ごしました。

鼠径ヘルニアは昨年、一昨年と左右やっていたので左側が良くなってきた時に右側もやってしまいました。その最中に無理をして体調不良となりました。息切れ、呼吸困難とひどく原因不明だったのだが仕事上での疲れもあって、疲れが取れれば治ると思っていました。

しかし、忙しく休んでいてもだるい状態は続きました。寝ていても体中がつる状態に。所謂、こむら返りが続く。足指、足首、ふくらはぎ前後、膝、太もも前後、股のつけ根と。寝ていると体もつるし、呼吸困難で寝苦しいし、それに何回もトイレに起きるし異常な事態に。

筋肉がつった時にすぐに治せるように、筋肉弛緩スプレー、アンメルツ等用意したり、緊急用に携帯酸素缶、携帯酸素ボンベも用意して対応しました。スプレーや酸素缶は役立ちましたね。

TVで弁膜症のCMをやっており、自分ではこれじゃないのかなと思っていました。それでとうとう自分は死ぬんじゃないかという経験をしました。救急車を呼ぼうと思ったくらいの悪さ。少し休んだら収まったので、年末の休みに入っていたので年明けに医者に行こうと、、、。

休んでいる間にネットで調べて、俺の人生は終わったなと実感。絶望感が漂いましたね。

心臓だったら武道の稽古は諦めないといけないなと、継承武術はどうする?、仕事もダメだな、転職だなとか。色々と諦めることを考えましたね。

結局は仕事始めの日に医者へ行って、高血圧による心臓への負担が原因。全体的に体に無理をしていたんだなと。薬を処方してもらい飲んだ、即 体が元の状態に戻りました。この世に戻ってきた感があり、まだお呼びがかかっていないのかなと思いました。

今は無理はできないのだが、今までの状態はなんだったんだ?と思えるくらい体調はすこぶる良い状態に。自分は”死”まで覚悟しており、いつ死んでもいいように資料の公開、処分、その他の断捨離を考えましたね。

”死”に関しては独り者でもあるので、いつでもと言う覚悟は前々から出来ている。でも、いざっとなったら心構えは出来ていたのに心というか感情が反応したね。自分でもびっくりするくらい反応してしまったよ。自分って意外と情けないんだなって思ったよ。

今年はいろいろと出来る範囲でやっていきたいね。

 

 

 

 

 

0 コメント

防衛本能

昨日は会社の親睦会があったのだが、自分は馬鹿になりきれないんだよね。みんなは楽しく飲んでいるのだが自分の場合は酔っていてもどこかで自制心が働くというか、もしもの出来事を想定してしまうんだよね。家に帰るまで気を張っているというか、守ってやらないといけないという思いが。

 

若い頃に飲み会で無茶をする先輩、後輩がいたからかなあ。ケンカっぱやいのがいて、お世話していたからかなあ。

でも受験勉強の時も後ろから襲われたら、こう対処するとか、こう相手を倒すとかばっかり考えていたから性格なのかなあ。

 

仕事や友人関係などの飲み会でもそうだ。癖なのか、いざという時には自分が、、、。となってしまう。本当に極小数の親しい関係で泊まりとかの飲み会では大丈夫なんだけどね。良いんだか悪いんだか。一人位こういった変わった人間がいてもいいんじゃないかと、いつも思っています。バカだなあと思いながら、いつもみんなのバカ騒ぎを見て楽しんでいるんだけどね。

 

さて最近は出雲崎に伝わった流派の伝書を入手しました。高田藩に伝わった流派の伝書もあるのだが高額で手が出ません。その他、新潟県関係の伝書も確認しています。入手したいところだけど他にも購入したいものがあるんだよね。研究調査のためと思って購入しているのだが、他にやりたいことが犠牲になってしまうのは何とも言えないね。

 

0 コメント