武道は日本の伝統文化

Martial arts are traditional cultures of Japan.

私が伝承を託された奇跡の武術
私が伝承を託された奇跡の武術

武道は我が日本国の大切な伝統文化です。

何とか後世に伝えて残していきましょう。

 

このJimdoは海外から見にこられる方が

多いようなので日本の伝統文化を伝えるためにも

いろいろと紹介していきたいと思っています。

拳形
拳形

継承武術

我が継承武術は、本当に江戸期から続いてきたのか疑問に思っていた。この程、ネットではあるが江戸期の伝書を画像で確認することができた。やはり間違っていなかったと思った。

この拳形より突き、打ちが繰り出される当身の多い武術である。打ち込みの当身の時には床をダンッと踏み込んでの当身が有り、まさに震脚と同じである。

他の伝書の確認をしたいところである。

ちょっと小さい我が愛車
ちょっと小さい我が愛車

我が愛車 

  車にいつも積んでいる我が愛車の二代目です。一代目も折り畳みだったのですが大きすぎて、結局このサイズが一番良いみたいです。史跡探索では車では行けないようなところもスイスイ行けて、とても便利で重宝しています。

新潟県の某美術館所蔵資料 五方構之極彩色図(現在 非公開)

越後国の武術事情

我が越後の国には大小たくさんの藩があり、武士のみにならず農民にも武術が伝わっておりました。武術史料がまだたくさん眠っております。いまだに見せたくないと断られたところもあります。閉鎖的な地域もあります。ごく最近まで武術の継承者が存命でした。平成になって武術を伝えることもなく亡くなって絶流してしまったのを実際にこの目で何回か見たり、聞いたりしています。親から子へと代が変わり、武術史料の散逸も始まっております。コピー、写真等で残さないといけないです。郷土史の先生方も亡くなったりして郷土誌等に載った武術資料の出所も分からなくなっています。いろいろと事情もあり、公開できない資料もありますが、当方所蔵の史料はなるべく公開して、何かの一助にでもなれば幸いです。

 

越後以外でもそうかもしれないが、武術とは縁もゆかりもないところにも武術が伝わっていた。大庄屋、豪農家等、武術家の修行中の旅人を泊めてあげたりして、それで武術を教わっていたりしていたようだ。全部が全部そうとは言えないが、そういった箇所がいくつかあったことも事実。何事も調べてみなければわからない。

 

 

 

 

新潟県武術史料

ロープトレーニング

最近、流行っている雲梯を天井に取り付けようと思ったのだが、場所的、強度的、資金的に無理なので吊り輪を取り付けたよ。姪っ子のために取り付けてやったのだが、自分が主に使っているよ。

年のせいかな、なぜか筋肉痛にならないんだよね。

 

ロープを両手で持って振るトレーニングは設置場所がないので無理なのだが、部屋にロープを設置したよ。これは昔に流行った器具を参考に自作したのだが、過去にやった中では最高に力を出せる運動方法です。

 

思いっきり力を出せることもしないとダメだよね。いざという時、力が出なくなってしまうよ。若い時は車を持ち上げる(タイヤを浮かせる)こともやっていたよ。思いっきり力を出せるからね。昔の車はバンパーも丈夫だったけど、今はすぐ壊れてしまうから出来ないけどね。

0 コメント

墓参り

本日も天気が非常に良かったので実家の墓参りをしてきました。

 

ついでと言ってはなんだが通り道なので、村上市で心形刀流をしているY氏に教えてもらった、新潟北警察署に近い慶誓寺にある村松藩伝 奥山現想神伝流第6代 野本達也先生のお墓をお参りしてきました。

 

この近辺は仕事や私用でよく通った道なので結構知っている私の庭のような存在のところなのだが、ここにあるとは意外だったね。さらに敷地内には立派な躰道の道場もありました。

 

もうちょっと足を伸ばして、越後伝二天一流第7代丹羽五兵衛、第8代高橋浅右衛門、渡辺六右衛門、第9代渡辺安信、伊藤親輔、第10代大沼紋司、箙鉄蔵、猿子淳などなど、行きたいと思っていたのだが、方向が違ったので今度にしました。

0 コメント

秘伝誌 最新号を見る

月刊 秘伝誌2017年5月号を見た。二天一流武蔵会 荒関富三郎二刀斎の記事があったので思わず購入してしまったよ。同誌は相変わらず読むべき記事がない。しょうがないのかな。

 

武蔵ー寺尾ー柴任ー吉田ー立花ー立花ー丹羽ー伊藤と続き五十嵐謙福と五十嵐家に続いた流派。一旦、絶流。長野の五十嵐家から千葉の五十嵐一隆氏に資料のみが伝わり、一隆氏が新しく剣道用に興した流派。荒関氏はそれを受け継いだだけなので悪くはない。

 

一隆氏は新しく作ったと言って欲しかったね。結局は自分の師匠の名も名乗らず(名乗ることができず)、現在に至っている。長野の五十嵐家の現当主、五十嵐○氏と私は何回かお会いしている。今も年賀状のやりとりはしています。

 

同家には二刀流口伝条々覚書、伯耆流、玉心流の他、過去帳、道中記、連歌集などが保存されている。

 

0 コメント