武道は日本の伝統文化

Martial arts are traditional cultures of Japan.

私が伝承を託された奇跡の武術
私が伝承を託された奇跡の武術

武道は我が日本国の大切な伝統文化です。

何とか後世に伝えて残していきましょう。

 

このJimdoは海外から見にこられる方が

多いようなので日本の伝統文化を伝えるためにも

いろいろと紹介していきたいと思っています。

拳形
拳形

継承武術

我が継承武術は、本当に江戸期から続いてきたのか疑問に思っていた。この程、ネットではあるが江戸期の伝書を画像で確認することができた。やはり間違っていなかったと思った。

この拳形より突き、打ちが繰り出される当身の多い武術である。打ち込みの当身の時には床をダンッと踏み込んでの当身が有り、まさに震脚と同じである。

体当たりのような技があったりと私が思うに心意六合拳的なところもある。

最近はネットでも出るようになって何点か購入することができている。

 

新潟県の某美術館所蔵資料 五方構之極彩色図(現在 非公開)

ここの美術館は閉館してしまいました。今後、これと同じく宮本武蔵の肖像画もあったのだが、所蔵品がどうなるかは全くわかりません。播磨武蔵研究会では公開しているし、某氏も公開しているので、私も公開してもいいと思うのだが、、。

 

どうせ誰かの手に渡るのであれば今のうちに公開してもいいだろう、、とは思っていますが。

越後国の武術事情

我が越後の国には大小たくさんの藩があり、武士のみにならず農民にも武術が伝わっておりました。武術史料がまだたくさん眠っております。いまだに見せたくないと断られたところもあります。閉鎖的な地域もあります。ごく最近まで武術の継承者が存命でした。平成になって武術を伝えることもなく亡くなって絶流してしまったのを実際にこの目で何回か見たり、聞いたりしています。親から子へと代が変わり、武術史料の散逸も始まっております。コピー、写真等で残さないといけないです。郷土史の先生方も亡くなったりして郷土誌等に載った武術資料の出所も分からなくなっています。いろいろと事情もあり、公開できない資料もありますが、当方所蔵の史料はなるべく公開して、何かの一助にでもなれば幸いです。

 

越後以外でもそうかもしれないが、武術とは縁もゆかりもないところにも武術が伝わっていた。大庄屋、豪農家等、武術家の修行中の旅人を泊めてあげたりして、それで武術を教わっていたりしていたようだ。全部が全部そうとは言えないが、そういった箇所がいくつかあったことも事実。何事も調べてみなければわからない。

 

 

 

 

新潟県武術史料

更新

天命一刀唯心流の伝書が結構集まってきたので背景に使ってみました。

新潟県武術流派の一覧を少し更新しました。

画像(フォトギャラリー)の宮本武蔵系の画像を少し更新しました。

 

他も治すところも多く、手がつけられない部分も多いですが徐々に更新していきます。

私の稽古している武術流派のブログ等も更新も手つかずで、、、。なんとかしたい。

0 コメント

伝書資料(ニ)

やっと書く気が起こったよ。ここはいい加減な場所なので別に見なくてもいいです(笑)。更新がなされていないときは鍛錬に集中しているんだなと思ってください。(やることがいっぱいあるのに鍛錬に勤しんでいるよ、いい歳なのに)

 

さて、ごく最近は新発田藩の荒木新流柔術の伝書を入手。かなり期待していたのだが、、、。これ新発田藩のかっていう物でした。一回だけ新発田藩士のものは見たことがあったのだが、まず見たことがないね。

 

さらには村上藩の剣術伝書を確認(居合かな)。入手予定です。あくまでも予定なのです。なぜかと言うと車検があったからね。大変だよ。

 

0 コメント

伝書資料

前に書いた円明流系の伝書を入手。写の伝書で年号も書いていないのだが貴重なものでした。武蔵-竹村-八田系統もの。こういったものは入手できるときに入手しておかないと、すぐに売れてしまうからね。今度画像載せます。

 

ネットで佐渡伝系統と同じ天命一刀唯心流の柔術の伝書も出ていたよ。これは購入するしかないと思ったね。同じ人物の発行ものを私は一つ所蔵しているのだが年月が経って字がうまくなっていた伝書だったよ。

 

さて新潟県内の上越市が上杉謙信の刀の入手を諦めました。金額の折り合いがつかなかったというが評価額3億2千万を10億、5億だとかで買い取って欲しいと。ゆかりの品はその土地の地元にあってこそのものだと思うのだが、、、。

私も巻物資料をその地元のためにと安く譲ってやったことがあります。私が所持していても価値は見いだせないと思ったからね。

単品の時もあったし一括で譲ってやった時もありました。確かに一般で売ればそこそこと思ったのだが、金額よりも地元の方に購入して欲しいと思ったからね。正直、複雑な思いもあったことは確かだけど、なぜかホッとした安心感が強かったことを思い出します。

0 コメント